コラム

リンク集

全国のギター教室口コミ・検索サイト – ギター教室navi
なび愛知
ギター教室検索
ギター教室検索
ホームページ検索

2011-12-13 | Posted in コラム, リンク集Comments Closed 

 

エレキギター基礎の話 ②

はじめてエレキギターを弾く方へのアドバイスコーナー第2回目です

②ピックの持ち方その角度について


弦に対して平行ではなく少し角度を持たせます
(角度は15°〜30°くらい)


弦に対して平行にピックを当てるとヒットする抵抗が大きくて
思ったとおりのタイミングでピッキングが出来ずリズムが不安定になります


弦に対してある程度の角度を持たせましょう


こんな感じです

次にエレキギターで重要な各弦のミュートについてお話します

アコースティックギターでは弾いていない弦の共振(倍音共振)を利用して
音の響きをより豊かにする弾き方があります

しかし エレクトリックギターの場合(特にオーバードライブの掛かったソロプレイ)
弾いている意外の弦が共振すると明らかにノイズとなります
それを防ぐには弾いていない弦は確実にミュートしなければいけません

そのための基本フォームです

右手の生命線を6弦のブリッジ境目あたりにセットします


右手親指を6弦に当て 人差し指を1弦に当て6弦から1弦全てを手のひらでミュートします


右手手のひらの付け根で各弦をミュートしたまま人差し指と親指でピックを持ちます


少し角度を変えて見るとこんな感じです
6〜3弦当たりを弾くときは右手薬指と小指で1弦をタッチしていると良いです
2〜1弦を弾くときは右手薬指と小指でボディーをタッチしていると良いです

次に各弦を弾く時の注意です
まずは6弦から1弦に向かう時の注意です


6弦を弾く時は6弦だけミュートを外します


次に5弦を弾く時は5弦を弾くと同時に6弦を親指の第1関節当たりで音をミュートします
(これによって同時に2音鳴るのを防ぎます)


次に4弦を弾く時は4弦を弾くと同時に5弦を親指の第1関節当たりで音をミュートします


次に3弦を弾く時は3弦を弾くと同時に4弦を親指の第1関節当たりで音をミュートします


次に2弦を弾く時は2弦を弾くと同時に3弦を親指の第1関節当たりで音をミュートします


次に1弦を弾く時は1弦を弾くと同時に2弦を親指の第1関節当たりで音をミュートします


上から見るとこんな感じです

重要点のおさらいです
・ピックは弦に対してある程度の角度をもたせる
・弾く弦以外は親指や手のひらを使ってミュートをする

以上の点に特に注意してください

ピックの持ち方第2段でした

 

 

 

2011-12-04 | Posted in コラムComments Closed 

 

エレキギター基礎の話 ①

はじめてエレキギターを弾く方へのアドバイスコーナーです

①今回はピックの持ち方の基本について


まず 人差し指の爪先でギター弦をはじくイメージで・・・


そこに親指を添えます・・・
基本的な手の形はこれです
これにピックを加えます


次にピックを用意します・・・私は小型三角ピックを愛用しています


ピックの尖った部分を摘んで・・・


ピック上部と平行に親指をあてます
注意点として握ったピックの右端が親指の第一関節を超えないように


人差し指を添えます・・・ここで重要なのはピックの先端と人差し指の爪先が
ほぼ同じ線上のあることです


裏から見たところ・・・爪の先とピックの先端が同じ方向に向いていること
ピックは爪で弾くことの代用品として考えましょう


こんな感じです・・・


ここでまたまた注意点があります
ピックを持った 親指と人差し指の間にワッカが出来る事・・・
ピックを持つ手にはほとんど力は入っていません
ピックが落ちないように指先に少し力が入ったくらいです
ここでガチガチに力が入るとピックコントロールが出来なくなるので要注意です


出来上がりはこんな感じ・・・
親指の爪の下あたりから少し顔を出したピックが見えます
ピックをあまり沢山出しすぎるとまたまたピックコントロールに苦労しますので要注意

以上
ピックの持ち方講座でした

 

 

 

 

2011-11-23 | Posted in コラムComments Closed 

 

レッスンの様子

Sun Guitar School  レッスン風景

      

マンツーマン形式でレッスンを行います
生徒さんひとりひとりのペースに合わせて 無理なく わかるまで 楽しくレッスンします

 

2011-11-14 | Posted in コラム, レッスンの話Comments Closed 

 

6 / 6« 先頭...23456